« April 2006 | Main | August 2006 »

2006.07.28

循環式水飲み器(?)

最近気になっているものがあります。

【ワンちゃんの浄水器】ウォーターファウンテン(60Hz用)
ウォーターファウンテン

ぽんに水をたくさん飲んでほしくてヘルスウォーターという食器を買ったと、前に書きました。結構飲んでくれているとは思うのですが、もっと飲んでほしい…もう年だし、やはり腎臓病が心配なのです。

で、探してみたらこういう循環させるタイプの商品が何種類か出ているんですね。

★大好評・30%OFF!フレッシュフロー・ラージサイズ・大容量3リッター浄水機能付給水器+交換...
フレッシュフロー

楽天にはなかったので画像は乗せられないのですが、
ドリンクウェル
http://www.amepe.com/eshopdo/refer/refer.php?sid=uvzinfo&cid=13&vmode=3

ウォータードーム 60Hz
ウォータードーム

いろいろあるもんですねぇ。

お風呂場の水が大好きな(困った)ぽん、流れる水も好きなのではないかと、とても気になって、いろいろ調べてみました。

結論は…使い方次第だとは思いますが、やはり不衛生な気がします。「フィルターで清潔」と謳っているのですが、やはりこまめな分解清掃が必要ですよね…勿論お掃除が苦にならない人ならいいのでしょうが…私は…(ぽん、すまん)

それに、飲んだ水の量がわからないのもやっぱりいやですね。

てなわけで、我が家ではヘルスウォーターで行こうと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.07.18

ブラッシング

ぽんはブラッシングが大好きです。気持ちいいんでしょうね。ただ、短毛種とはいえ、やはり毛が飛び散るのが厄介なので、かなり前にこれを買ってみました(注:私が買ったのは本当に大昔なので今はもしかしたらバージョンアップとかしてて、全く同じ物ではないかもしれません)

ナショナル ペットクラブ 吸毛ブラシ≪短毛用≫ ER811P-A「ナショナル ペットクラブ吸毛ブラシ短毛用」(以下電動タイプと呼びます)

怖がるかな~?と思っていましたが、最初こそビビっていたもののすぐに慣れ、ブラシを持つと飛んでくるようになりました。この商品は抜け毛がブラシに吸着されるので、部屋を汚さないというのがウリだと思うのですが、やっぱり完全ではなく多少は飛び散るし(吸い込むパワーが弱い?)、か弱きレディーの私(嘘)には少し重かったです。でも全体的に使い心地がよかったので、十分なパワーと、軽さを兼ね備えてそうな同シリーズのこっちも買ってみました。
ナショナル ペットクラブ 吸毛ブラシ≪長・短毛用≫ ER812-A 「ナショナル ペットクラブ 吸毛ブラシ長・短毛用」
(勿論最初に買うときどっちにするか悩んだのですが、掃除機につなげるのが面倒そうなので単体で使える電動タイプを買ってしまったわけですが…)

これ、いいですよ。掃除機を引っ張り出すのが確かにちょっと面倒ですが、軽いしパワーは十分、文句ナシの使い心地です。ただ、これはぽんが慣れるのに電動タイプよりだいぶ長くかかりました。

もともと掃除機が大嫌いなぽん(大抵の猫は嫌いでしょうね…)、掃除機に繋いでスイッチを入れるとブオーンという大音量、飛んで逃げて呼んでも近づいてくれません。向こうから「なんで呼ぶの?掃除するんでしょ?さっさと終わらせてその怖いの片付けちゃってよ~!」といった感じの冷たい視線で遠くから見つめています。しかたがないので最初はスイッチを入れずにブラッシング、「これは気持ちいいものだよ」と教え込んでから再びスイッチオン!…飛んで逃げた…!!orz

こういうことを何度か繰り返して、はっきりとは覚えていませんが、数週間でぽんは掃除機大好き猫に見事に変貌をとげました。今では掃除機を出そうとするだけで寝ていても起きて飛んできます。ゲンキンな奴です。めちゃくちゃ嬉しそうにブラッシングされている様子は、ナショナルさんにCMに使ってもらえないかと思うくらいです。

もし、数回試して猫ちゃんが怖がるのであきらめてしまった方がおられましたら、もう一度根気よく(無理は厳禁ですが)続けてみられてはどうでしょうか?怖くないということがわかれば、様子が一変するかもしれませんよ。まぁ、ぽんはいろんなことに適応能力が高い方だと思うので(トイレもすぐ覚えたし、数回の引越しもすぐ慣れたし)、他の猫ちゃんも同じかどうかはわかりませんが…あ、でも掃除機大好き猫になっちゃった場合は、お掃除が捗りませんのでご注意ください(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.16

冷え冷えマット

毎日暑いです。すっかり夏ですね。私もぽんもダレきってます…毎年思うのですが、ぽんの暑そうに寝ている姿はとても面白いです。猫とは思えない様々な怪しいポーズで私を笑わせてくれます。

年中毛皮を着て、人間のように汗もかけない(肉球から少しだけ発汗してるらしいですが)猫さんたち、砂漠出身とはいえ高温多湿な日本の夏は辛いと思います。

え?「冷え冷えグッズ」ですか…?もちろん試しましたとも。でも、例によって使ってくれなかったのですっかり忘れてました。これです。
「タイルのひんやりベッド」(楽天市場にリンクしてます) 【ポイント10倍】タイルのひんやりベッドMサイズ

水を入れるタイプはカビが生えると聞き、お手入れ不要でずっと使えるこれにしたのですが、ぽんはぜんぜんだめでした。寝るどころか乗ることすらしません。思うに、硬いからいやなのだと思います。ふかふかの羽毛布団で寝慣れてる贅沢にゃんこですから…トホホ。

次は水も電気も使わず、「蓄熱マイクロカプセル」の中身がペットの体温で溶けたり固まったりすることで冷却効果が得られるという「マイクール  ペットマット」を買おうかどうか思案中です。これは柔らかいんですよね…でもまた使ってくれなかったらゴミが増えるなぁ…

【送料無料】電気も水も使わない安心安全ひんやりアイテム マイクール  ペットマット「マイクール  ペットマット」(楽天市場へリンクしてます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.07.11

猫砂

お久しぶりです。このブログ、まだ生きてます(苦笑)。

さて、今日は「猫砂」のお話です。猫砂は選ぶのがホント難しいですよね~。猫の好みもあるし、飼い主さんの都合もあるし… ぽんは幸いあまり好き嫌いがないので助かるのですが。 私が猫砂に求める条件は…

1 砂が白いこと(血尿等健康管理のため)
2 ホコリがたたないこと(なんか吸い込んだら体に悪そうで…)
3 「飛び散り」が少ないこと(やっぱりお掃除が大変で)
4 トイレに流せること

以前はシリカゲルの砂を使っていました。おしっこは取らなくていいし、臭いもあまりしないのでよかったのですが、飛び散りがひどかったです。それでも概ね満足できたのでかなり長く使用しました。でも、ぽんが高齢になってきたため健康管理を考えて、おしっこの回数がわかるように固まる砂に変えることにしました。そして私の猫砂ジプシーが始まりました…

いろいろ使ってみましたが、飛び散りが少ないためには粒が大きいほうがいいだろうと考え、比較的大粒の紙の砂を中心に試してみました。そしてある製品が気に入り長年使用していたのですが、多少臭う(消臭効果が弱い)のが気になっていました。

先日、あるサイトである猫砂メーカーが試供品を一家庭1個無料で送ってくれるということを知り早速請求してみました。
ttp://www.pgt.jp/(冒頭のhを抜いてます。ここのおトク情報というころです)

ここのトフカスサンドKというおから製の猫砂を送ってもらったのですが… これがすごくイイ!です。 実はこの製品(トフカスシリーズ)、前から知っていたのですが、別メーカーのおからの砂を使用したときに「おから臭」というのでしょうか、独特の臭いが気になりおから製はそれ以降使ってなかったのです。本当は万一食べても安全そうなおからってとてもよさそうで残念だったんですが。

このトフカスサンドKはぜんぜん臭いません。もともとの製品の臭いもないし、使用後の消臭効果も高いように思います。また、小粒なのですが、気にしていた飛び散りも思ったほどひどくはありませんでした。思うに、形(粒の大きさ)だけでなく重さも関係があるのだろうと今更ながら気がつきました。紙の砂は確かに粒は大きいですが、軽いので飛び散りやすかったのかもしれません。トフカスサンドKは粒は小さいのですが、重さがあるので案外飛び散らないのかもしれません(注:それでも紙の砂よりは飛び散ります。私の想像よりはましだったということです)おしっこの固まりもトイレにこびりつかずきれいに取れるし、色は真っ白ではありませんが、薄いベージュ程度なのでまぁ合格です。

この会社、「使えばよさをわかってもらえる」という自信があるから試供品を提供しているんだろうな、と思いました。シリーズのほかの製品も試してみて(勿論今度は買わないといけませんが)、一番良さそうなものを使いたいと思います。 8月にはさらに飛び散りにくい新商品が出るようで…楽しみです。参考までに楽天のリンクを張っておきます。

↑ここから楽天のトフカスサンドを売っているお店の一覧が見られます

今まで使っていた紙の砂より安いんですよね…もっと早く気がつけばよかったです…さて次回の更新は何ヵ月後でしょうか!?(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | August 2006 »